学習指導要領って何?

2011年より学習指導要領が大幅に変わります!!

ぽぷらなら新学習指導要領になっても大丈夫

2011年より学習指導要領が大幅に変わります!!

ご存知の方も多いと思いますが、2011年度より新学習指導要領が実施されます。
既に2009年度の4月から小中学校では移行措置が始まっています!
※小学校は2011年、中学校は2012年度からの実施となります。

このページでは学習指導要領の改訂に伴い、
どう変わるのかどう対応できるのか を説明します。

■ 学習指導要領って?・・・
「学習指導要領」とは、どんな内容をどの学年で、どのくらいの時間学習するか、などを示したもので、
各学校での時間割は、これを基準に組まれます。

「学習指導要領」が変われば、教科書も新しい内容に改訂されます。
また、学習内容は「学習指導要領」によって決まる為、入学試験の内容も変化します。

学習指導要領実施のスケジュール

実際にはどう変わるの?

新学習指導要領では、今までと何がどう変わるのかを簡単にご紹介してみたいと思います。

授業時間の増加

小学校では 6年間で278時間 、中学校では 3年間で105時間もの授業時間が増えます。 主要教科の授業数が約1割増加 し、
反対に 総合的な学習の時間や選択教科は削減 されます。

例えば、小学生の場合、6年間で278時間増加

例えば、中学生の場合、3年間で105時間増加

学習時間の増加

授業時間数の増加に伴い、特に算数・数学と理科などの 理数科目の学習内容が増加 します。例えば、前回の改訂で削除された学習内容が復活、習う学年が内容によって前倒しされたりします。また、小学5.6年生には新たに外国語(英語)活動が必修化 となるなどの変更が出てきます。

このような時間や内容の増加にともなって、移行措置として教科書以外の副教材を配布して学習する学校も多いと思います。 その上、2009・2010年度までは教科書が以前のままであるにも関わらず、指導内容は新しい内容なので、 お子さんの負担になることは間違いありません。

いずれにしても現在の中学2年生以下のお子さんに とっては教科書や授業が難しくなり、 高校入試でも範囲が広くなり、今まで以上に 勉強にかける時間を増やさなければ、思うように 成績を上げられないお子さんが出てくるのも事実です。

新学習指導要領に対応するために

学習指導要領の改訂に備え、いま一度お子さんが学校の授業の内容を理解できているかを見直してみる必要があります。
現状でも授業が理解できていないお子さんにとっては、この改訂はますます理解を遅らせてしまう要因になるからです。

今のまま、やり方を変えずにいると どんどん授業についていけなくなってしまうということです。

「そんなこと言っても、どうすればいいの?」
「うちの子は下の世代に比べて不利だわ・・・ 」

と、思ってしまうかもしれませんが・・・
実は、今まで勉強のやり方を掴んでいなかったお子さんにとっては、 またとないチャンスなんです!

新学習指導要領では、小中学校で習う内容や時間数が大幅に増えますよね?
これが何を表わしているのかというと・・・2013年から施行される新学習指導要領では"基礎学力"が重視されるということです。

どれだけ学校での授業を理解して、ポイントが自分の学力として身についているかが、成績を決める1番のポイントとなるんです。しかも、学校の授業内容をもとに定期テストや入試問題も作られるので、学校の授業だけはきっちり押さえておくことも大事なんです。

そこで、今よりももっと必要となってくるのが家庭学習。 すなわち予習・復習です。このやり方を "今"自分のものにしてしまえば、学習指導要領が新しくなっても他のお子さんに差をつけられる大チャンスなんです!

私たちぽぷらでは・・・

私たち家庭教師のぽぷらの指導方針は
お子さん一人でも続けられる ピッタリ合った予習・復習のやり方を教える
ということです。

新学習指導要領で、どんなに学習内容が増加しても自分にピッタリ合った予習・復習のやり方さえつかんでいれば学校の授業はしっかり理解できます。

言いかえると、予習・復習のやり方次第で授業の理解度成績がグーンと変わるということです。

もし今お子さんが、予習・復習のやり方をつかめてないとしたら、 移行措置に入る今のこの時期に"お子さんにピッタリ合った予習・復習のやり方"身につけてみませんか?

他にも、ぽぷらでは学習指導要領改訂にともなった家庭教師研修を行っています。 また、移行措置の補助テキストもご用意することができますので、少しでも不安な方はお気軽にご相談くださいね。

※ 体験授業では、ムリな勉強のやり方を押し付けたり、お子さんの意思を確認せずに進めるようなことは一切ありません。ご安心下さい。

Copyright © 家庭教師ぽぷら. All rights reserved.
家庭教師のぽぷら ページトップに戻る