中学に入ってついていけるか心配

苦手が増えてきてる気がする。中学にいっても大丈夫かしら

うちの子、中学にいっても勉強についていけるかしら?

ズバリ!ぽぷらはこんなお子様向けです

と、お子さんが小学生のうちからこんな悩みを持っているのは、お母さんだけではありません。実際、中学に入ると、成績が伸びる子成績が伸び悩む子との差がハッキリしてくるんです。

でも、だからと言って、 とりあえず、塾!家庭教師!それが正解と思っていませんか・・・?

答えはNOです

実際、早くから、塾や家庭教師をさせていても、中学校に入ると成績が伸び悩む子が多いんです。

とりあえずの対策は、大切な時間お金
それどころか、お子さんのやる気自信まで失なわせてしまうのです。

ちゃんと小学校と中学校の違いを知り、しっかり対策を練りましょう!

小学校と中学校の違い

小学校と中学校にはたくさんの違いがあります↓↓
科目が増える。
算数が数学に変わる。
授業の進度が速くなる。
科目によって先生が違う。
授業時間内の予習・復習がなくなる。
定期テストがある。
部活動がある。 etc…

↓これらを要約すると↓

授業内容が、難しくなるのに、授業内で予習復習をしない為、
今までより進むペースが早く、習う分量も多くなる。しかも勉強以外も忙しい。

大変ですよね・・・。

ただ、きちんと前もって対策をしておけば、中学生になっても困らずに過ごせます

小学校では、授業の中で『おさらい(復習)』『次の準備(予習)』を繰り返しやってくれます。
それに対して中学校では、授業ごとに毎回新しい内容になります。
授業のスピードも速くなるのも当たり前です。

そんな中、もし授業でわからないところをそのままにしてしまったら…?
そのわからないところが次から次へ雪ダルマのように膨れ上がり、
『どこがわからないのかもわからない』 状況になってしまいます。
そうならないためにも、中学生になる前に準備が必要になります。
とは言っても、特別な勉強やモーレツに勉強をしなくても大丈夫です。
中学校の授業で『予習・復習』をやってくれないのなら、
今のうちに学校の授業に合わせて『予習・復習のやり方』を掴んじゃえばいいんです!

『予習・復習』は大切だということは知ってるけど、いざやろうと思ってもなかなかできない…。
というお子さんも多いのではないでしょうか?

そこで 家庭教師ぽぷらでは、初めにお子さんの状況と学校の時間割に合わせて、
毎日の予定表を一緒に作って『予習・復習の習慣』を身につけています!

予習、復習3つのポイントが定着するように指導していきます

どうですか?カンタンでしょ?
こんなカンタンに感じることでも、習慣づいてくると"ある変化"がおこってきます☆

それは…今までは45分間の授業を長く感じていたのが、前日の予習によって、
授業の大切なところ・ポイントが わかっているので、授業を受けるのがラクになり、
教科書の要点も押さえられるようになってくるんです!

「たったこんなことで?」と思うかもしれませんが、
こういった毎日少しずつの積み重ねが成績アップするための1番の要素です☆

中学生の「定期テストのひみつ」

それは・・・
中学校になると"定期テスト"というものがあります。
小学生のころにはなかったことなので、テスト勉強のやり方がわからず
実力を発揮できない場合が多いようです。

でもよく考えてみると、定期テストは学校の先生が授業で教えたことの確認なので、
教科書の中からしか出題されないんです。

つまり、教科書さえ理解すれば、その分、点数として必ず返ってくるということ!

家での勉強の習慣づけができていれば、
中学に入って『授業の中での予習復習』がなくなっても、
勉強方法を変えることなく 授業についていけます。

要するに、小学生のうちから、家での予習・復習のやり方を身につける事で、中学生になっても勉強に困らずに、楽しい中学校生活が送れるのです。

資料請求はこちら

Copyright © 家庭教師ぽぷら. All rights reserved.
家庭教師のぽぷら ページトップに戻る