ニガテを克服したい

苦手が増えてきてる気がする、ニガテをなくしたい

高学年になると得意教科と苦手教科の間にだんだん差がついてきます

ズバリ!ぽぷらはこんなお子様向けです

『漢字が覚えられないまま…』『分数の計算が苦手』
最初は、ちょっとした苦手意識… それを、そのままにしておくと『算数なんてキライ!』『前の学年で習ったはずの漢字が書けない』
このように、苦手がドンドン膨らんでいってしまいます。

「どうしよう…」と考えている間にも学校の授業はドンドン進んでいってしまいます。

だからと言って、どう勉強させるのが一番いいの?

そのようなお子さんに対して 家庭教師ぽぷらでは、
『できないところ』に絞って教えるのではなく 、
『できるところ』 まで戻って教える ことから始めています。

なぜなら、『できない、わからない』 ところだけ教えても、
お子さんは 『わかったつもり』 になることが多いからです。

極端な例ですが、足し算が理解できていない子に、掛け算を教えても理解できないですよね。
足し算が理解できてこそ、掛け算が理解できるのです。

小学6年生の算数がわからない場合、 その土台となる小学5年生、もっというなら 4年生まで戻ることもあります。

『わかる』をドンドン積み上げていけば 『わかる楽しさ』と『自信』を感じる事が できます。

今までできなかった問題が 「できる」ようになった喜びは

「できた!」
 →「おもしろい」
  →「もっと勉強したい」

というサイクルで、今まで苦痛でしかなかった 苦手科目の勉強を楽しく進めていくことが できるようになるのです。

早ければ早いほど、お子さんの負担が少なくなります。 まだ小学生の子が自ら「つまずいてきた!」って言えないし、わからないですよね。 解決の一歩を踏み出す為には、ご家庭の方の後押しが必要だと思います。
どうぞ、お気軽にぽぷらまでご相談ください。

お子さんの目的別に合わせて指導できます

どんなこでもお気軽にご相談ください

Copyright © 家庭教師ぽぷら. All rights reserved.
家庭教師のぽぷら ページトップに戻る