ニガテを克服したい

ニガテを克服したい

数学が苦手、英語の文法が全くわからない

ズバリ!ぽぷらはこんなお子様向けです

と、このように苦手な分野を持っているお子さんは多いのではないでしょうか?一度でも苦手意識を持ってしまうと、どうしても苦手科目の勉強はおろそかになってしまいがちですよね。

でも、勉強は少しずつ理解していけば、本当は決して大変なものではありません。

しかし、苦手な部分をそのままにしておくと…あとあと大きな負担となり、2段飛び、3段飛びをしなくてはならないため苦手意識もどんどん大きくなります。

しかも、やればできることでも
「やれる気がしない」 と感じてしまうようになるのです。

成績アップのサイクルを作る!

まず初めに、お子さんの「できない」「わからない」ところではなく「できる」ところまで戻ってスタートします。

数学では小学校の小数や分数の四則計算、
また、英語の苦手なお子さんは、be動詞・一般動詞の使い分けまで戻る場合もあります。
一つずつ「できない」ところを「できる」に変えていけるよう、お子さんが
本当にわかるまでトコトン教えていきます。

「できる」ところまで戻ることで、「そっか、こうすればよかったんだ!」と お子さんには「気づき」が生まれます。

この「気づき」があってはじめて次のステップに進んでいきます。

今までできなかった問題を「できる」ようになった喜びは
「できた!」
 →「おもしろい」
  →「もっと勉強したい」

というサイクル(右上の図)を生み今まで苦痛でしかなかった苦手科目の勉強も、楽しく進めていくことができるんです。

ニガテと得意のバランス指導

勉強は、いったん苦手意識を持ってしまうと、なかなか「やってみよう!」とチャレンジすることができませんよね。お子さん一人では苦手科目を克服するのは難しいかもしれません。

家庭教師のぽぷらでは、お子さん自身の「苦手意識」を取り除くもう一つのポイントとして、
お子さんの「得意科目」から「苦手科目」へと勉強をすすめる指導をしています。

なぜかというと、「得意科目」では、すでにお子さんは「やり方」「コツ」を身につけ、自信を持っています。その自信が、苦手科目での「もっとできるようになりたい!」という気持ちを後押しして、
結果的に 「苦手科目」でも「やり方」や「コツ」を身につけるヒントとなるんです。

ですから、まずは授業のペースに合わせて得意科目の予習・復習を習慣づけし、それで成績が上がっていくのをきっかけに、苦手教科の予習・復習の習慣も少しずつ身につけていくようにしています。

お子さんの目的別に合わせて指導できます

どんなこでもお気軽にご相談ください

Copyright © 家庭教師ぽぷら. All rights reserved.
家庭教師のぽぷら ページトップに戻る