定期テストで点数アップしたい

定期テストで点数アップしたい

テスト勉強大変うまくやる方法って?

ズバリ!ぽぷらはこんなお子様向けです

中学に入ると、学期ごとに『定期テスト』があります。
小学校の頃にはなかったことなので、テスト勉強のやり方がわからずに苦労するお子さんも多いようです。

また、学年が上がるごとに、勉強も難しくなって
テスト範囲も広くなってくるので、どこから手をつけていいかわかりません。

テスト勉強のリズムを作る

ついついテスト範囲を全部詰め込もうとしてしまいがちです。
これでは、勉強時間が増えるだけでやりきれませんよね。

テスト勉強を始める前に「学習計画」を
お子さんと一緒に立てていきます。
(右図:予習・復習計画表)

計画のない勉強では、あれもこれもとあせったり、
嫌なところはどんどん後回し。「明日やろう!」が結局、
一夜漬け。なんていうことにもなりかねません。

学校によってはテスト前にテスト計画表を書かせるところもあるようですが、
書き方について、先生が細かく触れるということはほとんどないのではないでしょうか?

「毎回テスト前になると学習計画をたてるんだけど、
今まで計画どおりに進んだことは一度もない…」

そんなお子さんも多いかと思います。
これは、計画を立てる段階では、やる気にもなっているので
自分ができること以上に「欲張った無理な計画」を立ててしまうからです。

ぽぷらでは最低でも2週間前からテスト対策をとるようにしています。

計画を立てるポイントは
『一日にたくさんやるよりも、早くからスタートすること』

欲張って一日にいろいろやろうと思っても、気力や集中力にも限界があるはず。

「実行できる予定表」お子さんと一緒に立てることが重要なポイントなのです。

こうすることで、 時間に追われることがなくなり余裕を持ってテスト勉強に臨むことができるんです。

ぽぷら式ラクラク定着法

家庭教師のぽぷらでは、教科書のポイントに絞った効率の良い勉強
それをしっかり定着させるための5つのステップがあります。

ぽぷら式ラクラク定着法

このようなやり方でどのお子さんにも、まず
「予習・復習の習慣づけ」を徹底しているので学校での授業がわかるようになります。毎日の「予習・復習」はテスト勉強でも効果を発揮してくれるハズです。

また、学校のテストを作る先生の出題のクセや傾向を予想し、
お子さんのニガテな部分にしぼってテスト勉強を進めていきます。指導時には、要点を理解する上で基本となる問題や、
テストに出るような類似問題を的確に指示しています。

苦手にしている科目は、基本となる要点に戻るという指導を地道にやっていきます。その結果、教科書を全部詰め込むやり方ではなく、
単元の要点と自分が間違えそうな問題だけに絞って勉強するという、
短時間で効率的な勉強ができるようになります。

また、テストが終わったら、もう一度テスト範囲の内容を確認し、間違えた所を見直して、
一人でも解けるように指導するので、確実に実力がアップしてきます。

最近の公立高校の入試では、内申書の占める割合がかなり大きくなっています。
内申書の数値によって受験できる高校が決まるといっても過言ではありません。
内申点は定期テストの結果が大きく影響しており、
3年生になって成績が足りないと思っても取り返すのは非常に難しいので、普段のテスト勉強から効率的な勉強をするお手伝いをしています。

お子さんの目的別に合わせて指導できます

どんなこでもお気軽にご相談ください

Copyright © 家庭教師ぽぷら. All rights reserved.
家庭教師のぽぷら ページトップに戻る